2019 ALL JAPAN EV-GP Rd.5
 

2019 ALL JAPAN EV-GP SERIES [ROUND 5]

公開日付 2019/10/11
進化を続け、開幕からクラス5連覇を達成!
2019全日本EVレースシリーズ第5戦が、9月21日(土)静岡県・富士スピードウェイで行われました。
全日本EVレースは日本電気自動車レース協会(JEVRA)主催のシリーズであり、地球温暖化防止とEV産業の発展へ繋げるEVの技術向上を
目的としています。
当社は日本電気自動車レース協会の協賛会社及びEV用急速充電車『T救号』の開発メーカーとして2013シリーズから参戦しています。
EV用急速充電車『T救号』はEVレースシリーズ参加者の皆様へ急速充電サービスを提供しています。
画像提供:日本電気自動車レース協会、レーサー鹿島様
 
 
今回の第5戦は、今年2度目の富士スピードウェイをステージに50km(11周)で争われました。午前8:30の時点で気温21℃/路面温度26℃と秋らしい
コンディションで行われた予選では、新たに採用した横浜ゴムのスポーツタイヤADVAN052とサスペンションセッティングのマッチングがよく
EV-3クラス1番手/総合7番手のグリッドを獲得。予選上位は、常連のテスラ勢3台が独占。第3戦の覇者である新型リーフe+がどこまで上位に
食い込めるかが注目されました。予選後は決勝に向け充電を行いつつ、上昇したバッテリーとモータの冷却を念入りに行います。
 
 
決勝レースは7クラス全13台がエントリー。15時30分、気温19℃/路面温度27℃の曇り空の下、決勝がスタート。東洋電産リーフは序盤に
モーター出力とバッテリー容量でアドバンテージのある格上クラスのリーフをパスしハイペースで走行。しかし、ハイパワーの新型リーフe+に
 
 
先行を許し7番手へ。その後、上位集団を追いながら後続の追随を許さず、同クラスのリーフに17秒の大差をつけ、開幕からEV-3クラス
5連覇、総合7位でゴール。今回から導入したタイヤはコーナリング時のグリップを維持しながらも、“転がり抵抗”が低減されていて、
ストレートでの最高速向上とエネルギー軽減効果があり、上位クラスに大きく引き離さる事も無く、善戦する事が出来ました。
 
今回のレースはテスラSの4勝目を阻止するべくリーフe+やEVミラ・FT86や他のテスラ勢が奮闘しましたが、完全にレースを支配した
TaisanテスラSが見事シーズン4勝目を果たし、最終戦を待たずして2年連続のシリーズチャンピオンを獲得しました。シリーズ最終戦となる
第6戦は10月20日(日)を予定していましたが、開催地の千葉フォレストレースウェイが台風15号により被災し復旧が間に合わないため、
日程と場所が変更になりました。
12/7(土) 筑波サーキットで開催予定。有終の美を飾るべく、2017年以来のクラス全勝を目指して頑張っていきたいと思います。
東洋電産LEAFドライバーであるレーサー鹿島様、EVレースにご協力・ご声援頂いた皆様、お疲れ様でした。
 
周回数:11 所要時間:27'30.483 平均速度:108.817km/h
 
【2019 ALL JAPAN EV-GP SERIES EV-3クラス】
 
ROUND 1
ROUND 2
ROUND 3
ROUND 4
ROUND 5
ROUND 6
富士
筑波
SUGO
袖ヶ浦
富士
筑波
40Km
50Km
50Km
40Km
50Km
50Km
2019/04/14
2019/06/09
2019/07/07
2019/08/24
2019/09/21
2019/12/7
1位
1位
1位
1位
1位

EV-GPを主催されている日本電気自動車レース協会様によるレース結果をまとめたYouTubeビデオです。

予選から決勝までのレース当日の様子をまとめて視聴したい方に最適です!

東洋電産 LEAFのドライバー兼プロデューサーであり、

各種レースドライバーやFM RADIOパーソナリティとして活躍されているレーサー鹿島さんのBLOGです。

予選や決勝レースの様子がレーサー鹿島さんの見識を基に紹介されています。