2019 ALL JAPAN EV-GP Rd.2
 

2019 ALL JAPAN EV-GP SERIES [ROUND 2]

公開日付 2019/06/26
シーズン第2戦 冷却システムのグレードアップで、クラス優勝&総合6位!
2019全日本EVレースシリーズ第2戦が、6月9日(日)茨城県・筑波サーキットで行われました。
全日本EVレースは日本電気自動車レース協会(JEVRA)主催のシリーズであり、地球温暖化防止とEV産業の発展へ繋げるEVの技術向上を
目的としています。
当社は日本電気自動車レース協会の協賛会社及びEV用急速充電車『T救号』の開発メーカーとして2013シリーズから参戦しています。
EV用急速充電車『T救号』はEVレースシリーズ参加者の皆様へ急速充電サービスを提供しています。
画像提供:日本電気自動車レース協会、レーサー鹿島様
 
 
今回のレースは、前回導入した冷却システムを改良(タンク容量の増加2L→15L)し、レースが終了するまで噴霧冷却できるようにしました。
☆前回3分程度だった冷却時間を今回30分以上持続できるようになりました。 予選レースではタイヤと冷却システムの状態を確認する事に専念し、
クラス2位/総合10位のグリッドを獲得。予選後は決勝レースに備え、上昇したバッテリーとモータの冷却を念入りに行います。
 
決勝レースは7クラス全14台がエントリー。
オープニングラップから格上クラスが猛スピードで走行。いつになくハイペースのレース展開となりました。
 
レース序盤から、冷却システムをフル活用、バッテリーやモーターの負荷を軽減。モーターとバッテリーの温度に気を配りながら同クラスの
初代LEAFと残り2周まで接戦を繰り広げ、最後は冷却システムが功を奏し振り切ることができました。最後は互いに電欠状態の
デッドヒートとなりました。
決勝レースでは格上クラスのハイペースに、翻弄されながらも予選10位から4つポジションを上げてクラス1位/総合6位でフィニッシュ。
車両性能差がある中で、冷却システムの効果を十分に証明するかたちとなりました。
シリーズ第3戦は 7月7日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOにて行われます。こちらも頑張っていきたいと思います。
東洋電産LEAFドライバーであるレーサー鹿島様、EVレースにご協力頂いた皆様、お疲れ様でした。
周回数:24 所要時間:31'44.338 平均速度:92.782km/h
 
【2019 ALL JAPAN EV-GP SERIES EV-3クラス】
 
ROUND 1
ROUND 2
ROUND 3
ROUND 4
ROUND 5
ROUND 6
富士
筑波
SUGO
袖ヶ浦
富士
袖ヶ浦
40Km
50Km
50Km
40Km
50Km
50Km
2019/04/14
2019/06/09
2019/07/07
2019/08/24
2019/09/21
2019/10/20
1位
1位

EV-GPを主催されている日本電気自動車レース協会様によるレース結果をまとめたYouTubeビデオです。

予選から決勝までのレース当日の様子をまとめて視聴したい方に最適です!

東洋電産 LEAFのドライバー兼プロデューサーであり、

各種レースドライバーやFM RADIOパーソナリティとして活躍されているレーサー鹿島さんのBLOGです。

予選や決勝レースの様子がレーサー鹿島さんの見識を基に紹介されています。